NifMoの評判調査隊

スマホ

最近よくMVNOという言葉を耳にします、初めて聞いた人は最初なんのことかまったくわからなかったのではないでしょうか?

IT業界ではこういった略称が多く、説明を聞かないとなんのことかちんぷんかんぷんなサービスが多々あります、でも実際に聞いてみると便利なサービスだったりお得なサービスであることが多いわけです、MVNOなど最新の情報を得るにはインターネットから情報を得るのもいいですが、実際に量販店などに出向いて店員さんに説明を聞きながら実物を見るのが一番わかりやすいでしょう。

そんなMVNOですが、簡単に説明すると、携帯電話やスマートフォン、タブレットなどを接続するための無線回線をお安く利用できるサービスを提供している事業者さんのことを意味します、日本ではほとんどの無線通信を大手3社ほどのキャリアで担ってきているわけですが、その他の事業者でも無線データ通信や音声通話サービスを提供できるようになっています。

なぜそんなことが可能かというと、MVNO事業者はdocomoやauなどの回線インフラを自社で持っている会社の回線を借りながらサービスを提供することができるのです、そのため、回線を全国に引くようなおおがかりなことをすることなく簡単にサービスを提供することができるわけです、その分通信料金を安くすることができるというわけです。
そんなMVNO事業者はどんどん増えてきてます、たくさんあるMVNOサービスの中から自分の生活にぴったり合ったタイプを選択することができますので、余計なサービスを省けばかなり格安な料金で無線データ通信を利用することができるのです。

格安スマートホンはこういったMVNO事業者が提供しています、スマートフォン本体だけでなくリーズナブルな料金プランで月額1000円に満たないようなプランも用意されています。

事業者がたくさんありますので、まずは家電量販店などに行って各社どういった特徴があるかを聞いてみるといいでしょう。(格安スマホの比較サイトなどを参考にするのもありです。)データ通信を毎日のように利用して動画を楽しむ方やSNSやメールだけでたまに電話を受けるくらいといったように人によって様々かと思います、データ利用料が少なければかなりお安い金額で通信費を抑えることができます。

MVNO事業者でも音声通話ができるプランも用意されていますのでこれまでの大手キャリアのプランとほとんど遜色ない使い方が可能になっています、回線の品質ももともとの設備はdocomoやauの設備を使っているわけですからほとんど同じといっていいでしょう、通信品質が同じであれば料金は安いほうがいい、これは当たり前のことですよね!