格安SIM使ってます

私は格安SIMを使い始めて約2年になりました。
まず、私が格安SIMにする前は、ソフトバンクでの契約をしていました。機種はiPhoneです。
当時は月平均で約8000円ほど通信料がかかっていました。使いたい放題プランです。

やはり月で8000円払い続けるのはもったいないと思い、話題となっていたフリーSIMにしてみました。

では、現在の機種、SIM、月々の通信料を書きます。
私が現在使っている機種はNexus5です。グーグルが出している機種です。

SIMについてはヨドバシカメラのワイヤレスゲートの480円+SMS150円のプランを使っています。なので実質は月の通信料は約700円になります。
機種についてはヤフオクの中古で落札しました。

落札価格は約4万。
SIMについてもう少し詳しく書きます。
SIMは最初の初期費用で3000円かかります。それからは月々支払いが約700円。
通信量の制限はありません。使い放題です。

一応LTEとなっていますが、おそらく一般的な3大キャリアで契約するものより通信速度はかなり遅いと思います。
といってもネット検索は普通に出来ます。ゲームもそれなりにできます。

動画はかなり厳しいですが。それに耐えられるならばかなりよいのではと思います。
かなりざっくりと計算してみましたがお得です。

ソフトバンク時
月8000円 × 24ヶ月 = 192000円(2年契約と考えて)

フリーSIM利用時
月700円 × 24ヶ月 = 16800円
初期費用 3000円
機種代 40000円
合計 59800円

mineoの格安SIMを家族で使ってみた感想

以前はNTTドコモと契約してiPhone5sを夫婦でそれぞれ利用していましたが、iPhone5sを使い始めてから2年が経過し、端末の割賦支払いが終わったことをきっかけにプランの見直しをしたところ、格安SIMに乗り換えれば、毎月のスマホ代を大きく下げることができると知り、乗り換えをしました。

mineoを選んだ理由は、ドコモのiPhone5sがそのまま使えるという特典があったのと、家族割引があったこと、余ったパケット通信量を夫婦でシェアできるというメリットがあったからでした。

ドコモプランのデュアルタイプのSIM(音声通話対応SIM)を選び、毎月の通信量は3GBのプランを選びました。月額基本使用料はそれぞれ1600円のところを家族割引が適用されて、一人あたり1550円になりました。

 

実際に使ってみたところ、LTEの電波はきちんと拾ってくれますし、アプリを利用して速度計測をしたところ、18Mbpsの速度が出ていました。

NTTドコモと契約しいた時には、夫婦合わせて毎月約1万5千円の通信費用を支払っていましたが、mineoに乗り換えたことで、通話料を合わせても二人で4500円位の通信費用まで下げることができたので満足しています。

知名度の拡大する格安SIM

近年では、格安SIMに関する知名度が、多くのところで向上しつつあるのではないかと考えられています。そのため、実際に利用する人が多くなることにも関与し、低料金で利用できるスマートフォンの代表格として受け入れられているのではないかとみられています。

格安SIMを利用する人の多くは、既にスマートフォンを利用していることが多く、この格安SIMの存在を知って乗り換えるケースが次々に見受けられています。様々な年代においてこのような動向が確認されつつあり、知名度の拡大が良い影響をもたらしていると思います。

以前に比べて格安SIMのサービスを展開する企業も、通信関連の会社を中心に増加の一途を辿っています。格安SIMが日常生活の一部分に取り入れられるようになり始め、このような認知度の向上という動向が生じることにも繋がっているのではないでしょうか。

今後もより多くの人たちから、格安SIMの存在が認知されていくのではないかと予測がなされています。そのため、更に多くの人が格安SIMのユーザーになるものとみられており、注目を集めています。

様々な面でメリットも多いことから、格安SIMの知名度が高まることに期待が示されていくでしょう。

高い人気を誇る格安スマホ

格安スマホは、多くの人たちからの人気を集めるようになり始めているのではないかと考えられています。このような傾向は、多方面で見受けられる動向となってきており、格安スマホが多くの人から利用されることに繋がっているのではないでしょうか。

低料金で利用できる点や、充実した機能が備わっている点が評価されていると考えられており、人気を集めることに繋がっているのではないかと思います。

近頃では、格安スマホが飛躍的に普及してきており、人気を獲得する状況が各地で見受けられているのではないかと推測されています。

幅広い年代の人々から人気を獲得している点も、格安スマホの大きな特徴として取り上げられています。かつてに比べてユーティリティに利用できるスマートフォンとしても受け入れられていると推測されていることから、幅広い年代の人が格安スマホを利用し始めているのではないかと思います。

今後も格安スマホは、多くのところで高水準の人気を博していくのではないかと予測がなされています。そのため、これまで以上に積極的に格安タイプのスマートフォンが利用される可能性が高くなるとみられており、一層普及していくのではないかと考えられています。